メディカルトレーナー・ヨガインストラクター・美容整体師の資格取得を目指すならメディカルトレーナーズスクール!安心価格、お客様のライフスタイルに合わせて自由に受講することが可能です。資格取得・就職・転職・独立開業を全力でサポートします!

ヨガについて

  • HOME »
  • ヨガについて

ヨガをしている女性ヨガとは、古代インドから伝わる心身の調整法です。その歴史は4500年以上前のインダス文明までさかのぼります。現代まで継承を繰り返し発展していき、ヨガの経典が成立しました。

日本ではヨガブームの到来、多様なスタイルのヨガが誕生し、現在のヨガ人口は200万人以上といわれ、その数は年々増え続けています。ヨガ(Yoga)の語源であるサンスクリット語の「Yuj(ユジュ)」はもともと「結びつける」という意味があります。

ヨガは、まずは自分自身の心とカラダの結びつけ、精神を集中させることで究極の心のやすらぎを創り出す、「心の筋トレ」といってもよいかもしれません。人づきあいの悩みや、ストレスをコントロールして、精神のより深い目覚めと安らぎを目指していきます。

ヨガの本来の目的は、カラダと心をバランスよく結びつけ、心の苦しみ、不安などのネガティブな思考から開放されて、心の平安を得ることなのです。ヨガは世代を超え受け継がれ、現代の人々の心を魅了し続けています。

様々なストレスが生み出される現代社会において、ヨガの果たす役割は更に大きなものとなっていくことでしょう。古代のものでありながら、現代にも通じる、生きた「心の筋トレ」ヨガ。インストラクターになって、世界中にその魅力を広めてみませんか。

 

ヨガの大原則八志則

日本ではフィットネス的な要素にフォーカスがあたっているヨガですが「ポーズをとること」がヨガなのではなく本来、ヨガとは次にあげる「8支則」を実際に行うプロセスにおいて、人間が本来持っている肉体や精神、そして、霊性の質や能力が高くなり、バランスをもたらすものなのです。それによって心身ともに健康になりその人自身の生き方に大きな実りをもたらします。

ヨガの八支則は瞑想に関する経典「ヨーガスートラ」に書かれた8つの守るべき規則というとらえ方もありますし「三昧(サマディ)」に達するための8段階の道筋=自己実現を叶えるために踏むステップであるというとらえ方もあります。

 

① ヤマ

「ヤマ」は社会的マナー誠実さ、人間としてやってはいけないことについて5つの部門によって構成されています(非暴力・嘘をつかない・盗まない・性欲に溺れない・執着しない)

② ニヤマ

「ニヤマ」は満足を知ること、自己鍛錬を行うことなど、自分に課すテーマが5つの部門に構成されています。(清浄・満足・苦行・学習・祈り)

③ アーサナ

ヨガのポーズ。アーサナと共に意識をカラダの内側に向けていく。
瞑想への準備。

④ プラナヤーマ

呼吸と体、心を繋げることに意識を向けていく。意識的な呼吸を行うことにより自身に活力を与える。

⑤ プラティヤハーラ

感覚の制御。外からの注意を五感から引き離し安定した精神状態を保つ。

⑥ ダラーナ

集中。完全な自分自身の意識の安定、一点に留め動かさない。

⑦ ディヤーナ

瞑想状態。対象物に集中することもなく、深い静かな精神でいられる状態。

⑧サマーディ

深い瞑想と融合しておこる悟りの境地 。至福の喜び。

カラダサポート事務局 TEL 048-887-6633 受付時間 10:00~19:00

資料請求
講師紹介
ヨガインストラクターのお仕事
ヨガについて学びましょう
LAヨガアライアンス
メディカル整体学院
日本小顔美顔矯正スクール
スルガ銀行
PAGETOP
Copyright © メディカルトレーナーズスクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.